「ノーコードツール」とは?種類や導入するメリットを解説!

近年、注目されている「ノーコードツール」をご存知でしょうか?

「ノーコードツール」は多岐にわたる種類が存在します。様々な目的で活用することができ、開発時間や費用の削減などのメリットもあります。本記事では、「ノーコードツール」の種類や導入するメリットについて解説します。

そもそもノーコードとは?

ノーコードとは、コードの記述を全く行わなくてもアプリケーションやWEBサイトなどの開発ができるというものです。ITスキルやプログラミングの知識がない初心者の方でも、アプリやWEBサイトを開発することができます。基本的な方法として、機能ごとのパーツをドラッグ&ドロップで配置していくだけなので、非常に簡単に開発できるのがノーコードの特徴です。

ノーコードツールにはどんな種類があるのか?

それではノーコードツールにはどのような種類があるのでしょうか。上記で挙げたアプリケーションやWEBサイトの制作ができるだけでなく、他にも様々な種類のノーコードツールが存在します。今回はそのノーコードツールの種類を5つに分けてご紹介していきます。

アプリケーションの開発

1つ目に「アプリケーションの開発」をノーコードツールで簡単に行うことができます。

ツールの例としてYappliAdaloなどが挙げられ、ドラック&ドロップだけで誰でも簡単に高機能なアプリケーションを開発することができます。

WEBサイトの制作

次に「WEBサイトの制作」です。

ツールの例としてWebflowSTUDIOなどが挙げられます。デザイン経験がないユーザーでも簡単に自分の作りたいデザイン、WEBサイトを制作することが可能です。手軽にクオリティの高いWEBサイトを作ることができます。

ECサイトの制作

次に「ECサイトの制作」です。

例としてShopifyBASEなどが挙げられ、デザイン性の高いオリジナルのECサイトを制作することができます。また例に挙げたどちらのツールでも、顧客管理機能などECサイト運営に役立つ機能も備わっているため非常に便利なノーコードツールです。

決済システムの構築

次に「決済システムの構築」です。

ツールの例としてMemberSpacesubstackなどが挙げられます。MemberSpaceは、誰でも簡単にオリジナルのサイトを構築して運営するための機能が揃っていて、substackは作業の妨げとなるような仕事をまとめてサポートする機能を提供しています。

業務自動化ツール

最後に「業務の自動化」です。

ツールの例としてAUTOROOctparseなどが挙げられます。業務システムで必要となるワークフロー機能や外部サービスとの連携機能が充実しているため、高機能な業務システムを構築することが可能です。

ノーコードツールを使うメリット

上記で紹介してきたように様々な種類が存在し、それだけ多様な場面で活用することができるノーコードツール。それでは、ノーコードツールを導入することで具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。大きく3つに分けてそれぞれ解説していきます。

  • 誰でも簡単に開発できる

ノーコードツールは、開発の際のプログラミング知識やスキルが不要です。そのため、エンジニアのようにプログラミングの専門知識などが必要ではないことから誰でも簡単にアプリケーションやWEBサイト、ECサイトなどの開発をすることができます。

  • 時間や費用の大幅な削減

コードを書きながら開発を進めていくローコードよりも、さらにスピーディーな開発がしやすくなっているのがノーコードです。ローコードよりはるかに人件費や開発にかかる時間を削減することができ、スピーディーに業務を進めることができます。

  • 用意された範囲内でなら拡張が簡単

基本機能の範囲でなら、誰でも簡単に開発後にも機能拡張することができます。実際に利用していく中で使いにくいと感じた部分を自分で改善していけるため、柔軟に対応することができます。 

ノーコードツールで業務自動化するならRPA 

業務の自動化を行うRPAもノーコードツールの1つです。

RPAとは、ロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation)の略で、ソフトウェアロボットによる業務プロセスの自動化のことです。ドラッグ&ドロップで簡単にロボットの動作を指定し、業務の自動化を実現します。ノーコードで、コード記述不要のため、誰でも簡単に利用することができます。

最後に

今回は、ノーコードツールの種類や導入する利点についてご紹介してきました。ノーコードツールを活用することで、専門的なスキルを持ったエンジニアがいなくても誰でも簡単に必要なシステムを開発できるようになります。それぞれの目的に合わせた最適なノーコードツールを活用していきましょう。

Web Auto Robotの「AUTORO」で業務自動化

AUTOROの製品紹介資料を無料でダウンロードいただけます。
製品の特徴や導入のメリット、ご活用事例などをご紹介しています。