AUTORO

ECサイトとは?簡単にわかりやすく意味解説|何の略?Webサイトとの違いは?

「”ECサイト”という言葉自体はよく聞くものの、意味は何となくでしか理解していない…」「”EC”って何の略だろう?」「WebサイトやHP(ホームページ)との違いって?」このような疑問をお持ちではありませんか?今回は、何かとわかりにくい”ECサイト”について、基礎から簡単にわかりやすく説明していきます!

こんな人におすすめ
  • ECサイトとは何か、どんな種類があるのか知りたい
  • ECサイトを作りたい
  • ECサイトの運営業務について知りたい

ECサイトとは?

PCで靴の商品ページを開いている

ECサイトとは、簡単に言えば「ネットショッピングができるサイト」です。

通販で何か買おうとするときにアクセスするサイトを思い浮かべるとわかりやすいのではないでしょうか?具体例で考えてみましょう。

  • 通販で新しいクッションを買おうとしている
  • 検索エンジンで「クッション 通販」と検索する
  • 検索結果のサイトを開き、商品を選ぶ
  • 購入する

このとき「サイトを開き、購入まで行える」のがECサイトです。

ECサイトの定義は?何の略?

ECサイトは、「Electronic Commerce(エレクトロニックコマース=電子商取引)」の略で、「Eコマース」と呼ばれることもあります。簡単に言えばネットショッピング、つまり商品やサービスをインターネット上で売買できるWebサイトのことを指します。

ちなみに、ECには有料動画配信サイトなどのように、商品やサービスを販売していないサイトも含まれます。

ただし一般的には、ネットショップ、オンラインショップ、インターネット通販サイトといったような、「商品を販売しているサイト」を指すことが多いので、「ネットショップ」と認識して問題ないでしょう。

ECサイト6種類とそれぞれの特徴

ECショップのイメージイラスト

ECサイトは「ネットショッピングサイトである」と簡単に定義しました。その中でも、いくつか種類があることにお気づきでしょうか?

先ほどの例はそのまま、通販でクッションを買おうとしているとします。「クッション 通販」と検索し、購入まで行うサイトは大抵の場合は、ざっくりと以下の2種類に分かれています。

  • 特定のショップ単独のサイト
  • 複数のショップが集約しているサイト

前者は、ニトリの公式サイト、無印良品の公式サイト、IKEAの公式サイト…というような、ブランド独自で運用している独立したサイトのこと。ブランドイメージを反映させたデザインが施されていることが多く、他のブランドとの差別化も見てとれます。例えば、ニトリのクッションは、ニトリの通販サイトに載っています。当然ですが、他のブランドの商品は載っていません。

このような、自社独自で自由度の高いECサイトを「自社ECサイト」といいます。

一方で後者は、Amazonや楽天、Qoo10やSHEINなど、多数のショップを含む大型ネットショッピングサイトのうちの、一つのページというイメージです。同じサイトの中で、さまざまなショップが出店しており、それぞれの商品が載っています。またサイトの形式や決済ページなどは全て統一されていることがほとんどです。

このようなECサイトのことを「ショッピングモール型ECサイト」といいます。

ECサイトは基本はこの2種類ですが、他にも分類が存在しており、基本的には以下の6種類に分類できます。

  1. 自社ECサイト
  2. ショッピングモール型ECサイト
  3. ダウンロード販売のECサイト
  4. 単品ECサイト
  5. オムニチャネル型ECサイト
  6. グローバルECサイト

続けて、それぞれ詳しく紹介していきます。

自社ECサイト(単店舗型)

単店舗型のECサイトは、自社のWebサイト上で製品やサービスを直接販売する方法です。この形態のメリットは、自社のブランドイメージに合ったデザインや機能を設定できること、顧客から得たデータを一元管理できることなどが挙げられます。これにより顧客体験を向上させ、ブランド忠誠心を育むことができます。

さらに、単店舗型ECサイトは直接販売できるため、マージン(利益率)が高くなる傾向があります。

また顧客情報を直接管理できるため、マーケティング戦略やセールスプロモーションを効果的に計画し実行できます。

このように、長期的な顧客関係を築き、継続的な売上を確保しやすくなるのは自社ECサイト(単店舗型)であるといえます。

しかし、自社ECサイト運営には、サイト構築初期から運営、集客に至るまで専門的な知識が不可欠です。デザイン、プログラミング、SEO対策、マーケティングなど多岐にわたるスキルが求められると同時に、初期投資や運営コストが高くつく可能性がある点も考慮する必要があります。

自社ECサイトの事例(無印良品)

無印良品のホームページのスクリーンショット

出典:無印良品

ショッピングモール型ECサイト

ショッピングモール型のECサイトは、楽天市場やAmazonといった大型オンラインモール内で自店舗を開設する方式です。この方法は、即座に高い集客力を享受できる最大のメリットを提供します。楽天やAmazonなどのプラットフォームは大勢の顧客基盤を築き、新たな店舗も巨大なトラフィックと認知度の恩恵を受けられます。

また、これらのモールが提供する豊富なサービスや流通・決済システムを利用でき、マーケティングツールやセールスプロモーション支援、物流の手配も簡単に解決できます。特にECサイト運営が初めての方にとっては、容易にビジネスをスタートできます。

しかし、一定の販売手数料が発生し、他の多数の店舗との差別化が大きな課題です。販売手数料は売上に直結するため、利益率への注意が必要です。差別化には、デザインのカスタマイズや独自のマーケティング戦略を駆使する工夫が求められる形態です。

ショッピングモール型ECサイトの事例(楽天)

楽天市場のホームページのスクリーンショット

出典:楽天市場

ダウンロード販売のECサイト

音楽や電子書籍、動画、写真、ゲームなどを購入し、ダウンロードするECサイトのことです。

具体的なサービスとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 音楽配信サービス(Applemusic、Spotifyなど)
  • 電子書籍サービス(Kindleなど)
  • 動画配信サービス(Netflixなど)
  • 写真や画像の素材(iStockなど)
  • ゲーム(マイニンテンドーストアなど)

形ある商品ではないため、Web上で売買が完結します。決済は商品ごとに、クレジットカードやコンビニ支払いを利用するか、定期購入(サブスクリプション)が一般的です。

単品ECサイト

1種類の商品・サービスのみを販売するECサイトのことです。その商品・サービスの紹介、販売に特化したシンプルな構造が特徴的。商品の詳細な魅力が重要な、健康食品やサプリメント、化粧品などのサイトが多い傾向にあります。

また、単品ECサイトには、LP(ランディングページ)が効果的だと言われています。LPとは、1ページのみで商品の概要、問い合わせ、購入などが完結するWebページのことです。

上から下にスクロールしていくと、一番下に購入ボタンがあるような、縦長のサイトを一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。あれはECサイトを1ページに完結させた、LP(ランディングページ)を採用したものです。

オムニチャネル型ECサイト

オムニチャネル型とは、実店舗、自社ECサイト、ショッピングモール型ECサイト、SNSなど複数の販売経路を確保し、商品やサービスを販売する手法です。

消費者との接点を多く得られる一方で、商品の管理やそれぞれのサイトの運営を並行して行う非常に複雑な方法です。多くのサイトやSNSを使用するなら、情報を一括管理し、システムを連携させる必要があります。

グローバルECサイト

グローバルECサイトは、海外向けに販売するサイトのことです。日本でしか買えない物を、海外から購入したいというニーズに応え、国内外問わずにアプローチできるようになります。多くの人が利用できるよう、多言語対応、決済方法、関税や送料などを考える必要があります。

ECサイトとWebサイト・HPとの違いは?

次は意味が混同しがちな「Webサイト」「HP(ホームページ)」とは何が違うのか、それぞれ確認していきましょう。

Webサイトとは?ECサイトの違い

Webサイトとは、複数の「Webページ」の集合体であり、メディア全体を指します。

例えば企業のWebサイトは、トップページや企業情報のページ、問い合わせのページなど、複数の「ページ」から構成されています。

対してECサイトは、Webサイトのうちの1つです。「Webサイト」はメディア全体、「ECサイト」はWebサイトの種類の中の1つで、商品やサービスの売買を目的としたものであると覚えておくと良いでしょう。

押さえておきたい!「Webサイト」7種類
ランディングページ
(LP)
特定の商品やサービスについて、1ページにまとめたWebページのこと。
商品・サービスの説明と申込、お問合せなどのリンクにユーザーを誘導する、シンプルな設計が特徴的。
オウンドメディア企業が情報発信をするメディアのこと。上位表示させる施策が重要。
ブランドサイト
(ブランディングサイト)
企業の魅力やコンセプトなどのブランドイメージを反映させた、
特定のブランドや商品の紹介サイト。
サービスサイト特定の商品・サービス1つについての紹介サイト。
多数の商品や多面的な事業がある場合、それぞれ適切に紹介できる。
ECサイト一般的にはネットショップのこと。商品・サービスの売買に特化したもの。
採用サイト
(リクルートサイト)
採用活動に特化したサイト。
企業サイトから「採用情報」に飛んだサイトや、新卒向けの特設サイトなど。
コーポレートサイト別名「企業サイト」。企業について調べたユーザーがまず初めにたどり着くもの。

HP(ホームページ)とは?Webページとの違い

HP(ホームページ)とは、Webサイトのトップページのことを指します。一般的にはWebサイトとほとんど同じ意味で使われており、意味も通じますが厳密には異なります。

また「Webページ」はWebサイト内の特定のページを指しますが、「HP(ホームページ)」はサイトの拠点となる最初のページのみを指している点で異なります。

ちなみに、別のページからそこに戻るための「Topに戻る」というボタンが用意されていることもありますが、実はサイトの入口となるページを「トップページ」と呼ぶのは日本特有のもの。海外では日本で言う「トップ」を、「ホームページ」「home」と呼ぶのが一般的です。海外で「top」と言うと、ページの一番上部のことを意味するので、「入り口のページ」とは限らないという点に注意が必要です。

ECサイトの現状と市場規模

ECサイトの市場規模は拡大している

2010年から現在までのスマートフォン・インターネットの普及により、ネットショッピング、ECサイト業界を含む、電子商取引(EC)市場は著しく成長しています。

特に新型コロナウイルスの影響でオンラインでの売買が一般化し、生活必需品から趣味のアイテムまであらゆる商品をネット上で購入することが当たり前の時代になりました。外に出なくても買い物ができるので、通販の需要がさらに高まりました。これを受け、ECサイト業界の市場規模も急速に拡大しています。

EC市場規模とEC化率を示すグラフ

グラフ:経済産業省『令和4年度 電子商取引に関する市場調査』を元に筆者作成

経済産業省)による、電子商取引(EC)の市場調査結果が出ています。グラフはBtoC(企業・消費者間取引)の物販分野です。新型コロナウイルス感染拡大の2020年から、2021年にかけて大きく成長していることが見てとれます。

しかしその後、外出ができるようになってもなお増加傾向にあるので、人々にとって通販・ECは以前と比べ、日常的な存在として定着しているのではないかと考えられます。

企業側にとっては、SNSマーケティングや広告出稿などの技術向上により、自社商品を必要としているユーザーにアピールしやすくなり、より売上が期待できるようになりました。ECを導入すれば、このような効果が見込めるというのも、EC市場拡大の理由の一つといえます。

しかし、市場が拡大しているということは、逆にいえば競争も多くなっているということ。今からECサイトを作り、数多あるECサイトの中で埋もれないようにするためには、独自の戦略が必須になるということも忘れてはならない要素です。

ECサイトのビジネスモデル4つ

ECサイトは、取引を行う人々の組み合わせによって、BtoB(企業間取引)やBtoC(企業・消費者の取引)など、ビジネスモデルによって分類されます。最近ユーザー数が激増しているフリマアプリやネットオークションなどはCtoC(消費者間取引)に該当し、こちらもECサイトの一部です。

それぞれについて説明していきます。

BtoC(企業・消費者間取引)

BtoC(BusinesstoConsumer)は、消費者が企業の商品を購入する、つまり一般的な買い物のことを指します。中でもECサイトを利用するものは、「BtoC-EC」といいます。総合通販サイト、動画・音楽配信サイトなどが該当します。

またBtoCでは、企業と消費者の間を、卸売・小売が仲介しているのが特徴的。直接企業から商品を購入する「DtoC(DirecttoConsumer)」とは異なります。

例えば音楽配信では、アーティストが音楽を音楽配信サイトにアップし、消費者がそれを購入します。このとき、音楽配信サイト(の運営企業)が仲介しているということになり、アーティストから直接購入しているわけではありません。

BtoB(企業間取引)

BtoB(BusinesstoBusiness)は企業同士の取引のことを指します。「企業向け」「法人向け」の商品やサービス、システムなどを売買します。

一般消費者向けのBtoC-ECに比べ数は少ないものの、比較的単価が高いのが特徴的です。

CtoC(消費者間取引)

CtoC(ConsumertoConsumer)は、近年定着したフリマアプリやネットオークションなどの、消費者個人間の取引を指します。

出品も購入も手軽で、多くの一般消費者ユーザーが利用しています。

DtoC(直接的な企業・消費者間取引)

卸売・小売が仲介するBtoC(企業・消費者間取引)と違い、DtoC(DirecttoConsumer)は企業が直接消費者へ商品やサービスを販売することを指します。

企業と消費者間でコミュニケーションを図れるのが特徴的。それを通じて、消費者データを自社で直接集めることができるのもポイントです。直接、消費者から評価やリアクションを得てデータを集め、活用するには最適なビジネスモデルといえます。

ECサイトの制作業務とは?

PCで通販サイトを見ている様子

ECサイトの制作業務は、簡単に言えばECサイトの立ち上げのことです。これにはオンライン上で商品やサービスを効果的に販売するためのECサイトを設計から構築、そして運営するための一連の作業が含まれます。

具体的には、顧客が訪れやすく、使いやすいサイト設計を行い、商品やサービスの情報を効果的に伝えるためのコンテンツ作成を行います。

また、顧客が安心して購入できるような決済システムの導入や、スムーズな配送手段の確立など、多岐にわたる要素を考慮しながらサイトを構築していきます。

このように、ECサイト制作は、単なるサイトの立ち上げ以上の複雑な作業を含んでおり、成功のためには多くの知識や経験が求められる業務です。

ECサイト制作に必要な準備

Eサイトの制作に必要な準備は、大きく以下の3つに分けられます。

  1. 企画・設計の準備
  2. システムの準備
  3. 運営の準備

それぞれ詳しく確認していきましょう。

ECサイトの企画・設計の準備

ターゲットとコンセプトの明確化

最初に行うべきは、ターゲットとコンセプトの明確化です。これには、誰に対して何を販売するのか、サイトの目的や特徴を明確にするための市場調査や競合分析が欠かせません。この情報を基に、サイトのビジョンや方向性を明確にし、サイト設計の方向性を決定します。

商品選定と仕入れの準備

次に進むべきは、商品選定と仕入れの準備です。ECサイトで販売する商品をしっかりと選定し、供給元や仕入れ先を確保することが重要です。良質な商品を選ぶことで、顧客の信頼を得ることができ、売上向上にもつながります。

サイトの設計

以上の情報をもとにして、サイトの設計を進めます。サイトの構成やデザイン、機能性を検討するためには、ワイヤーフレームやサイトマップを作成します。これにより、サイトの全体像を把握しやすくし、必要な機能やデザインの要素を明確にすることができます。この段階でしっかりとした設計を行うことで、後の開発や実装の段階でのトラブルを避けることができます。

ECサイトのシステムの準備

次に、ECサイトのシステム準備が必要になります。

プラットフォームの選定

最初はECサイトを構築するプラットフォームの選定です。この選択は、サイトの機能性や拡張性、そして将来的な運営の容易さに大きく影響します。自社開発のほか、既存のプラットフォームを選び、アカウントを作成することで、基本的なサイトの枠組みを手に入れることも可能です。

ドメイン名の取得・サーバー契約

次に進むのは、サイトのURLであるドメイン名の取得と、サーバーとの契約です。これらはサイトのアクセス先となるため、選ぶ際にはブランドやサイトのイメージに合ったものを選ぶことが重要です。また、サーバーの選定は、サイトの安定性や速度に影響を与える要素でもあります。

決済システムの導入

最後に、ECサイトにおいては決済システムの導入も欠かせません。顧客が安心して買い物をするためには、安全かつスムーズな決済手段が必要です。そのため、決済代行会社との契約を行い、適切な決済システムを導入することで、顧客の利便性を高め、販売促進にも寄与します。

ECサイト運営の準備

運営に関する準備は、ECサイトが実際に運用される段階での重要な作業です。

商品登録とコンテンツ作成

商品登録とコンテンツ作成には、販売する商品の詳細情報や各種画像説明文をサイトに掲載する作業が含まれます。これにより、顧客が商品を理解しやすくなり、購入の意欲が高まると同時に、検索エンジンでのサイト表示にも有利に働きます。

配送方法の選定

配送方法の選定は顧客に商品を安全かつ迅速に届けるための重要なステップです。配送業者の選定や送料の設定は、顧客の利便性を考慮しながら、コストパフォーマンスも見極める必要があります。

顧客対応の準備

顧客対応の準備では、顧客からの問い合わせに迅速かつ適切に対応できる体制を整えます。これには問い合わせ窓口の設定やFAQの充実、受注管理のシステム導入などが含まれます。顧客サービスの質は、リピート購入や口コミに大きく影響するため、丁寧な対応が求められます。

マーケティング

マーケティングの準備も非常に重要です。

良い商品やサービスを持っていても、それを知られなければ売れません。SEO対策やSNSを活用したプロモーション、メルマガ配信など、サイトへの集客を促進する方法を計画・実施することで、より多くの顧客にサイトを訪れてもらい、購入につなげることが期待できます。

ECサイトに必要な機能

PCを見ながらクレジットカード番号を確認している様子

ECサイトの立ち上げに必要な機能を確認していきましょう。

  • 商品・在庫管理機能
  • 顧客管理機能
  • 問い合わせフォーム
  • メール配信機能
  • カート・決済機能
  • クーポン、キャンペーン機能
  • 分析機能

それぞれについて解説していきます。

商品・在庫管理機能

ECサイトの成功には、効率的な商品と在庫管理が不可欠です。商品の登録、編集、削除はスムーズで直感的でなければなりません。これが複雑だとサイト更新が遅れ、顧客満足度や売上が下がる可能性があります。

また、リアルタイムでの在庫管理は必須です。在庫がリアルタイムで更新されないと、顧客が購入できない商品を選ぶリスクが生じ、顧客満足度の低下や売上機会の損失、サイトへの信頼性の低下につながる恐れがあります。

顧客管理機能

現代のECサイトでは、単に商品を販売するだけでなく、パーソナライズされたショッピング体験が求められます。そのため、顧客管理機能の効果的な利用が不可欠です。購買履歴や利用傾向を管理し、顧客ごとの最適な商品やサービスを提案することができます。

例えば、購買履歴から顧客の興味や好みを把握し、関連商品の提案や再購入を促すキャンペーンを展開できます。利用傾向の分析を通じて、季節やイベントごとの購買行動を理解し、タイムリーなプロモーションを実施することも可能です。

問い合わせフォーム

ECサイトの運営では、商品に関する疑問や注文後の問い合わせへの効率的な対応が、顧客満足度とリピート購入の鍵となります。そのため、ユーザーフレンドリーで直感的な問い合わせフォームの設置が重要です。このフォームを通じて顧客サポートを向上させることで、売上向上にもつながります。

問い合わせフォームの最適化には以下のポイントを考慮します。

  • フォームへのアクセスを容易にするため、サイト内で目立つ位置にリンクを配置する。
  • 必要な情報を簡単に入力できるよう、項目を必要最低限にする。
  • 入力後の返信までの所要時間を明示し、ユーザーの不安を軽減する。
  • メールだけでなく、チャットや電話といった複数の問い合わせ方法を提供する。

これらにより、顧客は迅速かつ適切に対応されると感じ、顧客満足度とサイトの信頼性が向上すると考えられます。

メール配信機能

ECサイトの運営で新商品やプロモーション情報を伝えるには、メール配信機能が重要です。この機能で顧客との継続的なコミュニケーションを取り、長期的な関係を築くことができます。配信リストのセグメンテーション機能を使えば、顧客の興味や購買履歴に合わせたメッセージを送ることが可能です。例えば、特定の商品に興味を持つ顧客に関連情報を送ることで、関心を高めることができます。

カート・決済機能

ECサイトを立ち上げる際、顧客がスムーズに商品をカートに追加し、安心して決済できるシステムは不可欠です。この流れを円滑にすることで、顧客体験を向上させ、売上も増加します。そのためカート機能を設置し、安全で迅速な決済環境を整えることが大切です。

また現代のEC市場では、顧客の決済ニーズが多様です。クレジットカード、銀行振込、コンビニ支払い、電子マネー、仮想通貨など、さまざまな決済方法を提供することで、顧客が最適な方法を選べるようにし、チェックアウト時の離脱率を低くし、顧客満足度を高めることができるでしょう。

クーポン、キャンペーン機能

電子商取引の競争が激しくなる中、顧客の注目を集めるためにはクーポンや特別キャンペーンが有効です。これらは顧客を引きつけ、リピート購入を促し、売上を伸ばす強力なツールとなります。

クーポンやキャンペーンの成功は、正確なターゲット設定にかかっています。顧客の購買履歴や閲覧履歴、デモグラフィック情報を分析し、特定の顧客セグメントに対して最適なオファーを提供することが重要です。これにより、顧客の関心やニーズに合わせたパーソナライズされた体験を提供し、高い反応率と売上増加が期待できます。

分析機能

ECサイトの運営で、アクセス数や売上データを正確に分析し、その情報に基づいてマーケティング戦略や商品開発を調整することは不可欠です。市場や消費者の動向は日々変わるため、リアルタイムの分析機能が必要です。

リアルタイム分析でキャンペーンやプロモーションの効果をすぐに確認し、次の戦略に迅速に対応できます。アクセス数や売上だけでなく、顧客の滞在時間やページビュー、カートの棄権率などの詳細なデータを分析することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

さらに、競合他社との比較分析を通じて、自社サイトの強みや弱みを明らかにし、差別化戦略の策定にも貢献します。

ECサイトの運営業務とは?

段ボールや梱包材などに囲まれながらECサイト関連の業務を行なっている様子

ECサイトを「運営する」とはオンライン上で商品やサービスを販売するために必要な、サイトの構築・管理・運営・マーケティング・顧客対応などの全ての業務を指します。また運営業務は主に、商品企画やマーケティングなどを担当する「フロント業務」、商品の管理や発送を担当する「バックエンド業務」の2種類に分けられます。

フロント業務

商品企画

ECサイト運営では商品企画がキーとなります。市場の動向や顧客のニーズをしっかりと把握し、競合他社と差別化できる商品を考えることが大事です。市場調査をしっかり行って、顧客が欲しい商品を提供することが成功の近道です。

ただ、商品だけではなく、サイトの使いやすさや商品の特長を伝える方法も考える必要があります。写真や動画を活用して商品の魅力を伝え、顧客レビューやQ&Aで信頼を築くことも大切です。

サイト制作

ユーザビリティとSEOを重視したサイト制作が大切です。

ユーザビリティが高いサイトは、訪問者が簡単に情報を見つけられるように作られています。情報の配置がわかりやすく、サイトの読み込みも速いと、訪問者の滞在時間が延び、離脱率が低くなります。これがサイトの評価を上げ、検索結果での上位表示につながります。

また、SEO対策も重要です。適切なキーワードの配置やメタデータの最適化、質の高いコンテンツ作成が基本です。検索エンジンのアルゴリズムが変わるため、最新のSEOトレンドを追いかけることが大切です。

マーケティング

マーケティング成功のためには、ターゲット顧客に適切にアプローチすることが大切です。例えばSNSなどで顧客とコミュニケーションを取ることなどでも、ブランドの認知度を上げることができます。

またメールマーケティングも効果的です。ニュースレターやキャンペーン情報を通じて顧客に直接情報を提供し、パーソナライズされたオファーや割引で購入意欲を高めることができます。

問い合わせ対応

迅速で丁寧な問い合わせ対応は、質の高いECサイトの運営に欠かせません。

顧客からの問い合わせに素早くかつ質の高い対応をすることで、信頼関係を築き、購入前の不安を解消できます。これは、顧客の購買意欲を高め、売上に直結します。

速さと品質の両方を備えた対応は、顧客満足度を向上させ、ポジティブな口コミやSNSでの拡散を促進します。これが新規顧客の獲得にもつながります。

バックエンド業務

商品登録業務

商品登録業務はECサイト運営において重要な要素の一つです。消費者が商品を理解し、興味を持ってもらうためには、詳細な説明文と実際に近い写真が必要です。説明文は商品の特徴や使用方法を簡潔に伝え、写真は商品の実物感を伝えるために役立ちます。これらの要素を適切に組み合わせることで、消費者が商品に興味を持ちやすくなります。

在庫管理

ECサイトでの運営において、在庫管理は重要な役割を果たします。正確な在庫情報がないと、在庫切れの商品を販売してしまうリスクが生じます。これが顧客の不満を引き起こし、ECサイトへの信頼を損なう可能性があります。

効果的な在庫管理システムを採用することで、このような問題を予防できます。先進的な在庫管理システムは、在庫状況をリアルタイムで把握し、品切れを自動的に警告し、適切なタイミングで発注を行います。また、顧客に対して在庫の状況を明確に表示することで、購入体験を向上させます。

梱包・出荷作業

ECサイトの運営業務では、迅速かつ丁寧な梱包と出荷が欠かせません。製品を顧客に安全に届け、良い印象を与えるポイントでもあります。

さらに、顧客の満足度は、製品が無事に到着するだけでなく、開封の際の体験にも影響を受けます。例えば高品質な梱包材は商品保護とブランド価値の向上に貢献します。環境に優しい素材はエコ志向の顧客を引きつけます。また美しい梱包はソーシャルメディアでの評判を向上させ、ブランドの差別化にもつながる要素と言えるでしょう。

ECサイトの売上を上げるポイント

ECサイトの売上を伸ばすための戦略を簡潔に紹介します。

使いやすいECサイト作り

ECサイトの使いやすさは顧客のショッピング体験を大きく向上させます。成功するサイトは、顧客が商品を簡単に見つけ、スムーズに購入できるように設計されています。そのため、直感的なナビゲーションと明確な商品カテゴリー、フィルタリング機能の提供が重要です。

また、ページの読み込み速度も欠かせません。速度が遅いと顧客は離脱しやすくなるため、画像の最適化やサーバーの応答時間の最適化が必要です。

モバイルフレンドリーな設計も今や基本です。スマホやタブレットからのアクセスが増えているため、レスポンシブデザインを採用して、全デバイスからのアクセスに対応することが求められます。

そして、顧客の声を大切にし、フィードバックやレビューを活用してサイトを改善する姿勢が重要です。これらの要素を考慮に入れることで、他のサイトと差別化し、ECサイトの成功につなげることができます。

戦略の社内共有

ECサイトの成功のためには、効果的な戦略の策定と社内での共有が必須です。売上目標や目標顧客の明確化、差別化戦略の開発を社員全員が共有し、協力して実行することで市場での競争力を高めます。

優れた商品だけではなく、強固なチームワークと共通の目標への取り組みがECサイトの成功につながります。戦略の社内共有はその基盤となり、ECサイト運営の成果を最大化します。

複数のツールを併用した販売促進・集客率向上

消費者が情報を多様な媒体から得ている現代において、ソーシャルメディア、メールマーケティング、SEO、コンテンツマーケティングなど、複数の手法を組み合わせて使用することが重要です。例えばGoogle広告は高いシェアで幅広くリーチできます。

さらに、デジタル時代においては、SNSがビジネスのマーケティングツールとして不可欠です。

具体的には、SNSで製品やサービスの魅力を伝え、顧客をECサイトへ誘導できます。さらに定期的な投稿で顧客の興味を引き、キャンペーン情報の共有で購入を促進します。

ただし、情報提供だけでなく、フォロワーとの対話も必要です。迅速で丁寧な対応で信頼関係を築くことが、長期的な顧客関係を強化します。適切な戦略とコミュニケーションで、ブランド魅力を最大化し、ECサイトのトラフィックと売上を増やしましょう。

物流や請求処理など社内業務の効率化

ECサイトの成功には、バックオフィス業務の効率化が不可欠です。自動化ツールの導入により、注文受付から請求処理までのプロセスをスムーズにし、エラーの削減や待ち時間の短縮、サービス質の向上を実現します。

信頼できる物流パートナーとの連携も重要です。選定した物流パートナーとの定期的なコミュニケーションにより、配送の遅延や商品の損傷を最小限に抑え、信頼を築きます。さらに、コスト効率の良い配送オプションを提供することで、顧客満足度を高め、リピート購入の促進にも寄与します。

ECサイト運営のバックオフィス業務を効率化する方法とは?

梱包材などに囲まれながらECサイト関連の業務を行なっている様子

ECサイトの運営をスムーズに進めるためには、バックオフィスでの業務効率化が不可欠です。特に、大量のデータ処理や繁雑な手続きを効率よく行うことが求められるこの分野で、以下の方法が効果的です。

  • アウトソーシングを活用する
  • RPA(ロボティックオートメーション)を活用する

詳しく見ていきましょう。

アウトソーシングを活用する

アウトソーシングは、特定の業務を外部の専門業者に委託することで、内部のリソースを集中的に活用することができます。例えば、カスタマーサポートや在庫管理、財務処理などの業務をアウトソーシングすることで、ECサイト運営に関する専門的な知識や経験を持つプロフェッショナルに任せることができます。これにより、高品質なサービスを提供しつつ、内部のチームは戦略的な業務に集中できます。

RPA(ロボティックオートメーション)を活用する

RPA(ロボティックオートメーション/Robotic Process Automation)とは、ソフトウェアロボットを使用してビジネスプロセスの自動化を行う技術です。繰り返しのタスクや手作業が不要となり、効率的に業務を進めることが可能になり、さらに人的ミスの削減にも寄与します。

RPAとは?メリットや導入事例までわかりやすく解説【初心者向け】

ECサイトの運営では、デスクトップ型ではなく、ブラウザの操作が可能なクラウド型のRPAがおすすめです。顧客からの注文情報をデータベースに登録する作業や、在庫数の確認、メールの自動送信などの業務を自動化することが可能になります。

例えば、新しい注文が入った際に、自動で在庫を更新し、顧客に確認メールを送るようなシステムを構築することができます。業務の効率化のみならず、人的ミスのリスクの低減にもつながります。

下記記事では、EC(電子商取引)におけるRPAの活用事例をまとめています。

RPA活用によるEC業務の改善事例集―自動化によって業務効率化を実現

ECサイト業務のお悩みはAUTOROにお任せください

今回はECサイトについて、定義や種類、関連業務などを詳しく解説しました。ECサイトの制作・運用はビジネスにおいて非常に重要な役割を果たします。RPA導入による業務自動化なども視野に入れ、最適な戦略を立て、ECサイトの導入や改善を検討しましょう。

クラウド型RPA「AUTORO」で業務を自動化

AUTOROの製品紹介資料を無料でダウンロードいただけます。
製品の特徴や導入のメリット、ご活用事例などをご紹介しています。

この記事を書いた人

Ayuka Fujii
Ayuka Fujii

2023年3月〜オートロに従事し、現在は主にAI系の記事制作と公式X(@autoro_io)の運用を担当。初心者目線で親しみやすい記事作りを心がけています。趣味は日本全国のグルメマップを作ることで、行ってみたいお店の数が全国3000を突破しました。新潟生まれ新潟育ち。